ブックメーカーの正しい使い方とは

ブックメーカーとはスポーツの勝敗やアメリカの大統領選挙、ノーベル賞やアカデミー賞の授賞者などを予想して賭ける欧米の公営ギャンブルのことです。日本では宝くじやサッカーのtotoがありますが、国内の業者がブックメーカーで賭けを行うことは禁止されています。日本人が行いたい場合は海外の日本人向けブックメーカーでインターネットなどを通じて行えますが、18歳以上でなければできません。日本人にはスポーツベッティングと呼ばれる、スポーツの試合の勝敗を賭けるのが人気です。

使い方としては勝敗予想だけでなく、スコアの予想や前半のみもしくは後半のみの点数予想、団体競技ならチームのうちの誰が得点するかのオッズなどを賭けられるので、少額から気軽に楽しむことができます。作業をインターネットで行うため、ネットバンキングなどの口座を持っていた方が便利です。以前はパソコンからのみでしたが、近年は賭けることも入金及び出金もスマートフォンのみで行えるようになり、若者を中心にブックメーカーで遊ぶ人口が増えています。ブックメーカー人口の増加とともに、ギャンブルではなく投資として賭けを行う人も現れており、スポーツのみならず様々な対象に賭けられるようになってきています。