ベッティング賭け方には様々な種類があります

ベッティング賭け方とは、カジノなどでチップを賭ける際の様々な方法のことです。カジノでは軍資金を一度カジノのチップに交換して、ルーレットやバカラなどのテーブルでチップを賭けて勝負を楽しみます。賭け方には様々な種類が設定されていますが、初心者の場合には「赤か黒か」「奇数か偶数か」などのような、払い戻し確率が2分の1のゲームに賭けるのが良いでしょう。チップの増減のスピードが比較的緩やかなので、カジノの雰囲気をじっくりと楽しむことができます。

払い戻し確率が2分の1のゲームでは、いわゆるカジノ必勝法と呼ばれるベッティング賭け方を試すことができます。最も有名なのは「パーレー法」と呼ばれる必勝法で、賭けに負けた場合には前回の2倍のチップを賭けるというシンプルな方法です。例えば1回目にチップを1枚賭けて負けた場合には、2回目には2枚、3回目には4枚、4回目には8枚と、チップを賭ける枚数を倍々で増やしていくことになります。

この方法を続ければ予想が的中した時点でそれまでの負け分を一気に取り戻し、さらに最初に賭けたチップの分だけ利益を得ることができるのです。ただしパーレー法を実践する際には、負けが連続すると掛け金が膨大になることや、一部のカジノでは掛け金に上限が設定されていることなどに、注意が必要になります。