スポーツベッティングとはスポーツの勝敗に賭けることです

スポーツベッティングとは、ブックメーカーと呼ばれる主催者が各種スポーツの勝敗に関して倍率を決め参加者たちからお金を集め、予想が当たればお金が何倍かになって帰ってくる仕組みです。競馬に例えれば、ブックメーカーは国や地方自治体の公営になりますが、スポーツベッティングでは民間の会社が行っています。

スポーツベッティングとは、あらゆるスポーツが対象になりサッカーやバスケット、テニスと言ったメジャーなスポーツから陸上競技やウインタースポーツ、FIなどのモータスポーツなどほとんどが対象となり、ただ単に勝ち負けで無く、テニスであれば、選手の勝敗だけでなく次のゲームはどちらが勝つか次のセットはどちらが勝つかなど、テニス1試合の中でも賭けの対象になります。このような場合は、ブックメーカーの提供するインターネット上の画面に表示されるオッズ(倍率)を見ながらリアルタイムで勝敗が決まってきます。

強い選手と弱い選手が対戦した場合は最終的な勝敗は強い選手に賭ける人が多いためオッズは低くなりますが、そのゲームのシーンで賭けることが出来るため、弱い選手でも比較的オッズが高くなることも有ります。サッカーではフリーキックのシーンになると、成功するか失敗するか情報と倍率が表示され、1分後には結果が出ていますので、予想が当たればその場でオッズ分の払い戻しを受けることが出来ます。ブックメーカーは民間ですが、その国の認可を受けて行っているので不正はなくスポーツが得意でなくても楽しむことが出来ます。